豆知識

阿部総理のネクタイ

以前にもレジメンタルのネクタイの斜めの向きについてブログに書いた事がありますが、
ほとんどのレジメンタルタイは向かって右上がりになってます。(左の写真)
レジメンタルというのは、イギリスの連帯(レジメント)を表していて、
英国各連隊の連隊旗にちなんだ斜めのストライプを指しています。そして、それは向かって右上がりです。(左の写真)
ですから右上がりは、ヨーロッパ式(英国式)です。
それをアメリカに持ち込んで、反転させたのがブルックスブラザーズです。ですから左上がりは、アメリカ式です。(真ん中の写真)

日本市場では圧倒的に英国式の右上がりがほとんどです。
しかし、皆さんお気づきでしょうか?
阿部総理大臣はいつも左上がり(アメリカ式)のネクタイをしています。(右の写真)
ブルックスブラザーズのネクタイだと思います。
アメリカのネクタイが好きなんですかね。

関連記事

  1. オーダースーツの種類
  2. 生成(きなり)
  3. 繊維(せんい)についての勉強シリーズ 【1】
  4. バルモラル と ブルーチャー
  5. チェンジポケット
  6. パンツの靴ずれ
  7. 繊維(せんい)についての勉強シリーズ 【2】
  8. Tweed - ツイード

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP