Blog

ポケットのフラップをしまう・・・?

スーツのポケットについているふたを雨蓋(あまぶた)とかフラップといいます。
昔、フラップは外にいる時にポケットに雨や泥汚れが内部に入らないようにするためのものでした。
しかし、現在ではその当時のなごりでデザインとして残っているだけです。
そこで、こんな事を聞いたことはありませんか?
外ではスーツのポケットのフラップを出し、室内では入れるとか・・・
ビジネスマナーではフラップは出したままで大丈夫です。
現代では単にデザインの一部なので、出し入れについての決まりはありません。
室内でしか着ないタキシードのポケットにフラップが付いていないから、そんなルールが出来たのかも。
結婚式で礼服に白ネクタイなんて変なルールも作られましたね。

日本では誰が言い出したのか変なマナーやルールが勝手に出来上がります。
日本で出来上がったローカルルールには気をつけてください。

関連記事

  1. 同級生の校長先生に作ってもらった至高の一着(^^)
  2. オーダースーツ納期は約1ヶ月
  3. ピンタック加工
  4. 上着の胴回を直す!
  5. 暑い夏向けの一着
  6. オリジナルジャケットをつくりませんか?
  7. 2023 spring&summer スタート
  8. FOX UMBRELLAS レインコート

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP