Blog

スーツ長持ち管理法-その② 【着用後にブラッシングをする】

着用後のブラッシングをしている人はあまりいませんよね。
ですが、実はこれが重要です。
汚れていないようにみえても、汗が含み、ホコリやチリが付着しています。
そのままにしておくと、カビやダニが発生したり、虫に食われて穴が開いたりします。
又、テカリの元を回复させる事にもなりますので、必ずブラッシングいたしましょう。

帰宅後、まずは着用したままの状態で上着の腕や肩、前部分(手の届く範囲)とズボンをブラッシングし、
次にハンガーに掛け、上着の背中(手の届かなかった部分)やその他細かい部分をブラッシングしてあげて下さい。
やり方は上から下へあまり力を入れずに優しくブラシをかけてください。
ブラシは豚毛や馬毛をオススメします。

つづく

関連記事

  1. Tweed - ツイード
  2. 本日出来上がりの逸品【DORMEUIL EXEL BLUE】ご紹…
  3. 上着のかけはぎ修理
  4. 大昔のハンガー
  5. 1着限定販売のZegna
  6. 秋冬お仕立て会スタート!
  7. 発見、DUNHILL!
  8. ズボン、パンツ、トラウザー、スラックス

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP