Blog

ズボン、パンツ、スラックス、トラウザーズ・・・

何が違う?同じじゃね?

諸説ありますが、
ズボンはフランス語のジュポーンからきているという説がある。(ジュポーンはスカートの下ばき)

パンツの元になった英語は、pantoloons(パンタローンス)。
これはイタリアのパンタローニが語源と言われている。劇役者で役柄のパンタレオーネがお客を笑わせるために長いズボンを履いて現れたという説。

スラックスはイギリス英語で軍人の俗語らしい。軍人に支給される緩くて楽な、ちょっと雑なズボン、というような意味合いで、兵隊用語として、スラックスというらしい。第2次大戦以降に一般化した言葉だという事である。

トラウザーズもイギリス英語で、drawers(ドロワース)から来ているという。
ドロワーズとは、短い・たっぷりした、というような言葉だ。
その聞き間違いではないかと言われています。

さて、普段はどの呼び方をしているでしょうか?

私はお客様の年代に合わせて使い分けています。(^^♪

関連記事

  1. スーツの裏地なんてどうでも良いですか?
  2. Chesterfield coat チェスターフィールドコート
  3. いまだ現役の当社のミシン
  4. 年末スペシャル感謝セール!
  5. ベストのみもオーダーできるのか?
  6. 逸品
  7. コットン・スリーピース
  8. ジャケパン

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP