Blog

スーツ長持ち管理法-その③ 【正しいハンガーを使う】

ジャケットを掛けるハンガーは、ジャケットの肩幅と一致するサイズのものを利用しましょう。
ジャケットの肩幅より広くても狭くても型崩れの原因になってしまいます。
針金ハンガーは変な癖やシワが出来るので厳禁です。

当店では納品用にプラスチック製のハンガーを使用してますが
ベストな素材は木製です。
理由は、木製のハンガーに掛けるとスーツについた湿気を吸い取ってくれるからです。
ズボンも出来れば専用のハンガーに掛ける事をお勧めいたします。

関連記事

  1. スーツ長持ち管理法-その⑤ (終)【保管する】
  2. 本日の出来上り品
  3. Ermenegildo Zegna COOL EFFECT
  4. ドーメル社の撥水生地「AQUAPLAN/アクアプラン」
  5. そろそろゼニアのスーツはいかがですか
  6. オーダーワイシャツ
  7. 羊牧場のお客様
  8. バルモラル と ブルーチャー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP