常駐記事

~裏地のお話~

スーツをお仕立ていただく時、必ずジャケットの裏地についてお伺いします。
「背抜きにしますか?それとも総裏しますか?」と。

英国のテーラーでは背抜きは無いと伝え聞いた事があります。
しかし、一部では背抜きを見た事があるとの情報もありますし、
高温多湿の日本向けのオートクチュール用に出来たとの説もあります。

ところで裏地は何のためにあるのか?
裏地には役割があり、摩擦を減らす為、そして、縫製の裏側を隠すためと言われております。特に袖裏などが無ければ、腕が引っ掛かるし、きつく感じると思います。

確定はできませんが、本来は「総裏」が基本になるのかなと思います。

関連記事

  1. スーツ長持ち管理法-その④【クリーニングの頻度】
  2. super(スーパー)表示
  3. 繊維(せんい)についての勉強シリーズ 【2】
  4. ズボン、パンツ、トラウザー、スラックス
  5. スーツ長持ち管理法-その⑤ (終)【保管する】
  6. オーダースーツの種類
  7. ロンドンストライプ (ブロックストライプ)
  8. 燕尾服とモーニング

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP