豆知識

裏地の背抜き、総裏

スーツをお仕立ていただく時、必ずジャケットの裏地についてお伺いします。
「背抜きにしますか?それとも総裏しますか?」と。でも、ヨーロッパのテーラーで洋服を注文する時に背抜きと言ったら驚かれます。そもそも背抜きという仕様がないんです。しかし、一部では背抜きを見た事があるとの情報もありますし、高温多湿の日本向けのオートクチュール用に出来たとの説もあります。
本来、裏地の仕様は季節で切り替えるものではないんです。
では、裏地は何のためにあるのか?
それは摩擦を減らす為、表地を整えるためと言われております。
背裏や袖裏などが無ければ、腕が引っ掛かるし、きつく感じると思います。
それで「総裏」が基本になります。
しかし、タイトなラインを出したいときに背抜きが良いんだという方もいますし、少しでも薄くしたい要望があれば、それも悪いわけではないと思います。

関連記事

  1. スーツ長持ち管理法-その③ 【正しいハンガーを使う】
  2. ワイシャツのカラーキーパー
  3. ワイシャツは長袖?半袖?
  4. バルモラル と ブルーチャー
  5. スーツ長持ち管理法-その② 【着用後にブラッシングをする】
  6. テール・コート (燕尾服)
  7. スーツ長持ち管理法-その⑤ (終)【保管する】
  8. レジメンタルのネクタイの斜めの縞は左右どちら上がりか・・

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP