豆知識

バルモラル と ブルーチャー

これは 短靴ひも部 の形式の名称です。
日本では
バルモラルは内羽根式、ブルーチャーは外羽根式の事です。
由来はさておき、どんなものかと言いますと、

内羽根式は、羽根の部分が靴の甲の部分と一体化した形状の紐靴のことです。
外羽根式は、羽根の部分が靴の甲の部分と一体化になっておらず、甲の前の部分に乗っかった状態になった紐靴のことです。
(下記写真参照:左が内羽根式、右が外羽根式)

簡単に両方の位置づけをご説明しますと、
内羽根式はフォーマル、ビジネス向きで、外羽根式はカジュアルな部類になります。

スーツ着用時はなるべく内羽根式の紐靴を履く事をお勧めいたしますが
私自身が多少着崩して、外羽根式の紐靴でスーツ着用することもあります。
基本を踏まえた上であればアレンジしても良いかと思います。

しかし、スーツには紐靴が基本ですので、ローファーなどはお勧めできません。
(下記写真参照:左が内羽根式、右が外羽根式)

関連記事

  1. スーツ長持ち管理法-その④【クリーニングの頻度】
  2. レジメンタルのネクタイの斜めの向きは・・・
  3. 燕尾服とモーニング
  4. ブレザー
  5. Tweed - ツイード
  6. オーダースーツの種類
  7. チェンジポケット
  8. ズボン、パンツ、トラウザー、スラックス

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP