豆知識

ロンドンストライプ (ブロックストライプ)

《ロンドンストライプ(和製英語)》 英米ではブロックストライプといいいます。

ワイシャツ地に採用されている棒縞で、等間隔の単調な縞柄です。
1920年代にお目見えし、最初はロンドンの一紳士クラブの会員用ワイシャツに用いられたと言われています。流行し始めたのは、1960年代に「ロンドン・ライン」なる背広服用のシャツとして登場してからです。ちなみにロンドンストライプの定義は、まず白地に濃色(紺、ブルー、ワイン、黒など)の単純な棒縞であることと、その棒縞も太いもので1センチ前後、細いもので5ミリ前後となっているということです。つまりそれ以上太いものや、またそれ以下に細いものは、通常ロンドン・ストライプとは称さないそうです。

関連記事

  1. Tweed - ツイード
  2. ワイシャツは長袖?半袖?
  3. お台場仕立ては高級?
  4. 繊維(せんい)についての勉強シリーズ 【2】
  5. オーダースーツの種類
  6. 元来、ズボンには折り目がなかった?
  7. 裏地の背抜き、総裏
  8. レジメンタルのネクタイの斜めの縞は左右どちら上がりか・・

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP