豆知識

レジメンタルのネクタイの斜めの縞は左右どちら上がりか・・

レジメンタルのネクタイの斜めの縞の傾きは左右どちら上がりかわかりますか?
ほとんどのレジメンタルタイは向かって右上がりになってます。
しかし、逆に向かって左上がりになっている物もあります。

レジメンタルというのは、イギリスの連帯(レジメント)を表していて、
英国各連隊の連隊旗にちなんだ斜めのストライプを指しています。そして、それは向かって右上がりです。(下-左の写真)ヨーロッパ式(英国式)

それをアメリカに持ち込んで、反転させたのがブルックスブラザーズです。ですから左上がりはアメリカ式です。(下-右の写真)
ちなみにこの縞を反転させたタイはレジメンタルではなくてレップタイと呼ばれていたりもします。

そういえば、英国では意外とレジメンタルのタイをしている方がが少ないようです。
機会があれば、英国の政治家のネクタイをよく見てみてください。無地が多いように思います。

関連記事

  1. 繊維(せんい)についての勉強シリーズ 【1】
  2. スーツ長持ち管理法-その② 【着用後にブラッシングをする】
  3. 阿部総理のネクタイ
  4. ロンドンストライプ (ブロックストライプ)
  5. 元来、ズボンには折り目がなかった?
  6. 繊維(せんい)についての勉強シリーズ 【2】
  7. スーツ長持ち管理法-その③ 【正しいハンガーを使う】
  8. 生成(きなり)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP